求 罪惡王冠OP1 My Dearest 平假歌詞

求 罪惡王冠OP1 My Dearest 平假歌詞

ex: もしも空(そら)が剥(は)がれ落(お)ちて

感謝各位大大~~

Update:

罪惡之冠ED1 EGOIST-Departures 〜あなたにおくるアイの歌〜

罪惡之冠IN1 EGOIST-エウテルぺ

忘了 這兩首也要 ~~~ 再次感謝大大們!!!

1 Answer

Rating
  • 8 years ago
    Favorite Answer

    My Dearest

    so, everything that makes me whole

    今(いま)君(きみ)に捧(ささ)げよう  

    I’m Yours

    ねえ こんなに笑(わら)えたこと

    生(う)まれて初(はち)めてだよ

    きっと 私(わたし)はね

    この日(ひ)の為(ため)に間違(まちが)いだらけの

    道(みち)を歩(ある)いてきたんだ

    ずっと一人(ひとり)で

    遠(とう)く遠(とう)くどこまでも遠(とう)く

    君(きみ)と二人(ふたり) 手(て)を取(と)って永遠(えいえん)に

    どこまでだって 行(い)けるはず

    もう一人(ひとり)じゃないと君(きみ)はそう言(い)い

    また笑(わら)う

    守(まも)るべき大事(だいじ)なものが 今(いま)あって

    だけど成(な)すすべもなく 立(た)ち尽(つ)くす時(とき)は 

    可能性(かのうせい)を失(うしな)って 暗闇(くらやみ)が君(きみ)を覆(お)い隠(かく)し

    絶望(ぜつぼう)に飲(の)みこまれそうな時(とき)は

    私(わたし)が君(きみ)を照(て)らす明(あか)りになるから

    たとえこの世界(せかい)の王(おう)にだって 消(け)せはしない

    so, everything that makes me whole

    今(いま)君(きみ)に捧(ささ)げよう

    I’m Yours

    ねえ この世界(せかい)にはたくさんの

    幸(しあわ)せがあるんだね

    いつか二人(ふたり)なら

    誰(だれ)かが君(きみ)のことを嘘(うそ)つきと呼(よ)んで

    心無(こころな)い言葉(ことば)で傷(き)つけようとしても

    世界(せかい)が君(きみ)のことを信(しん)じようともせずに

    茨(いばら)の冠(かんむり)を被(かぶ)せようとしても

    私(わたし)は君(きみ)だけの味方(みかた)になれるよ

    その孤独〈こどく) 痛(いた)みを私(わたし)は知(し)っている

    so, everything that makes me whole

    今(いま)君(きみ)に捧(ささ)げよう

    I’m Yours

    いつか私(わたし)を知(し)ることができたなら

    必(かなら)ずその場所(ばしょう)に私(わたし)はいるから

    そこに希望(きぼう)の欠片(かけら)すらなかったとしても

    私(わたし)が在(あ)ってはならないものであっても

    君(いみ)は忘(わ)れないでいてくれることを

    誰(だれ)よりも私(わたし)がそのことを知(し)ってる

    だから私(わたし)は君(きみ)のために全(すべ)てを

    今(いま) 捧(ささ)ごう

    Departures 〜あなたにおくるアイの歌〜

    http://tw.knowledge.yahoo.com/question/question?qi...

    因為字數問題這首就貼網址

    エウテルぺ

    咲(さ)いた野(の)の花(はな)よ

    ああ どうか教(おし)えておくれ

    人(ひと)は何故(なぜ) 傷(き)つけあって

    争(あらそ)うのでしょう

    凛(りん)と咲(さ)く花(はな)よ

    そこから何(なに)が見(み)える

    人(ひと)は何故(なぜ) 許(ゆる)しあうこと 

    できないのでしょう

    雨(あめ)が過(す)ぎて夏(なつ)は 青(あお)を移(うつ)した    

    一(ひと)つになって

    小(ち)さく揺(ゆ)れた私(わたし)の前(まえ)で

    何(なに)も言(い)わずに

    枯(か)れていく友(とも)に

    お前(まえ)は何(なに)を思(おも)う

    言葉(ことば)を持(も)たぬ その葉(は)で

    なんと愛(あい)を伝(つた)える

    夏(なつ)の陽(ひ)は陰(かげ)って 風(かぜ)が靡(なび)いた

    二(ふた)つ重(かさ)なって

    生(い)きた証(あかし)を 私(わたし)は唄(うた)おう

    名(な)もなき者(もの)のため

    Source(s): 自分&網路
Still have questions? Get your answers by asking now.